感想記事を中心的にやります。 YouTubeもよければ見てくれるとうれしいです!

超MOVIE大戦 ダヴィンチ役はケンコバ!

f:id:meteo:20151104231112j:plain

本作は、現在テレビ放送中の「仮面ライダーゴースト」と、先日放送を終了した「仮面ライダードライブ」がクロスオーバーする劇場版最新作。ケンコバは劇中、ゴーストとドライブがタッグを組んで戦いに挑む“ラスボス”レオナルド・ダ・ヴィンチの眼魔(ガンマ)の声を担当。アフレコを終えると「てっきりライダー役が来たと思って勇んできたのに……」と落胆の表情で語り、報道陣を笑わせた。

続けて「まあ、幸いだったかもしれないですね。確かに俺(が仮面ライダー)で大丈夫かな、というのもあったんで……」とつぶやいたケンコバだったが、ゴーストを演じる西銘駿と、ドライブ役の竹内涼真を相手にしたアフレコでは、怪演を披露。竹内が、「敵がもう、ケンドーコバヤシさんにしかみえなかった」と話せば、西銘も「すごく低くてかっこいい声で、迫力がありました」と感激の表情を見せた。

そもそも「仮面ライダー」シリーズの大ファンだというケンコバは、「いわゆる昭和ライダーの頃ですよ、僕の時代は。初代から再放送が繰り返されていましたもん、『スカイライダー』とかね。僕はバイク好きなんですが、仮面ライダーの影響も結構あったかもしれない」とにっこり。

それだけに、自分だけの「仮面ライダー」のアイデアを持っていると切り出したケンコバは、「仮面ライダー“膝”ってどうですか」と関係者にアピール。「膝でしか攻撃しないライダーです。膝って人体で一番かたいところですからね。ボディーも膝をイメージして、カサついているとか。いいと思いますよ」と笑みを浮かべ、「“膝”は俺がやらしてもらいますよ!」ともきっぱり。「膝蹴りのバリエーションを増やして待っています」と仮面ライダー役へのオファーに意欲を燃やしていた。

 

やっぱりケンコバでしたね!

仮面ライダー膝w

END